アリトホシクズ

 テヅカオタクの楽描きと語りとメモ
 http://xia.sub.jp/m/でも日々つぶやき中
<< ビニール生まれのおんなのこ | main | 君おもう、ゆえに我あり―『アトム ザ・ビギニング』2巻感想 >>
スポンサーサイト
【-】  2016/12/02(Fri)

一定期間更新がないため広告を表示しています

もうすぐ2巻発売ですね
テヅカごと  2015/12/02(Wed)22:06

とワクワクしつつの今月の『アトム ザ・ビギニング』なんです が。

 ・
 ・
 ・
(ネタバレ)
 ・
 ・
 ・

今月大活躍の猿田の娘が、あのふわっとした黒髪の房といい、キリッとした睫毛といい、相棒のAIがウサギ型なところといい、『エジプト陰謀団』のクレオパトラを連想してしまうのは、私だけですか、そうですか。

いや、まあ、そんな個人的独断と偏見はともかくとして。
それより何より、彼女の名前が「月江」という、あの天馬星江を想起させる名前であるところに、今月は震えております。うわー。





もう一人、カギを握るとされつつ、今のところ謎の人物である女性、Dr.ロロ。
この「ロロ」という名前について、テヅカ脳で真っ先に思い浮かぶのは「ロロールル」なんですが、どうなんだろうな〜。
もし「ロロールル」なら、海野十三『火星兵団』由来(火星の女王ラーラの遺児にして地球との戦争を回避するカギとなる王子たち)の名前になるので、月江(≒星江)と同じく、天体関連つながりの名前ということになるのかしらん。


先月号で、お茶の水が着ていたTシャツがさりげなく『ビッグX』だったことといい、細かいところまでネタが散りばめられているので、ついいろいろ考察したくなる。

……と思考を遊ばせつつ、もうすぐに迫った2巻発売を待ちます!楽しみ!
スポンサーサイト
【-】  2016/12/02(Fri)







ALL VIEW
script by web素材配布室