アリトホシクズ

 テヅカオタクの楽描きと語りとメモ
 http://xia.sub.jp/m/でも日々つぶやき中
<< 『フィルムは生きている』と会津と佐々木 | main | 日本SF展・SFの国@世田谷文学館 >>
スポンサーサイト
【-】  2016/12/02(Fri)

一定期間更新がないため広告を表示しています

---
テヅカごと  2014/09/19(Fri)21:48

某所での「手塚マンガの決められたお題で1時間で絵を描く」というステキ企画に参加して描いた絵。お題が七色いんこだったので、つい飛び込んでみました。

  
捕らえるつもりが囚われていた 誰が? 誰に?


千里刑事は泥棒いんこを追っているつもりだけど、実はいんこのほうが千里刑事の中のモモ子を追っており、しかし、そんないんこの中の陽介もまた、自分はトミーに救い上げてもらえたけれどモモ子の幻がまだ底に沈んだままである水辺へと向かうように、トミーから借りた姿で追い立てられているのかもしれない……という、この二重三重に絡み合った二人の関係がたまらなく好き。

七色いんこは、ポップなラブコメとして読んでも、演劇から本歌取りした壮大な復讐劇として読んでも楽しいけど、ところどころで狂気すれすれの部分がちらほら見えるところが面白いなあとぞ思う。
スポンサーサイト
【-】  2016/12/02(Fri)







ALL VIEW
script by web素材配布室